土地活用のイロハを徹底的に紹介します

更地などの未利用地や物置代わりなどの低利用地をより効果的な手段を用いて活用することを土地活用と言います。具体的な目的は収益を生ませることや土地所有だけで一定の税金がかかるため、税金負担を軽くすることや相続税などの対策が多いようです。土地活用は、簡単に始められるものから、大きな借金を背負うって行うリスクが高い活用など様々です。また地域によっても違いが出てきますし、個々の事情によって大きく変わってきます。例えば、相続税対策なのか、収益は短期化長期どちらを目的にするのかなどによっても違いが出てきます。それに土地は、その地域によって様々な法律や条例によって建築できる建物の種類や大きさが制限されます。それらを考慮しながら周辺のニーズを把握し、実現可能な方法を選択する必要があります。

目的に合わせた土地活用法の種類

自分の所有地で実現可能な方法の中から、目的に合わせて最適な土地活用を検討する必要があります。よってその土地によっては、目的に合った活用が実現できない可能性もあることを頭に入れておく必要があります。そこで土地活用の方法ですが、目的別でみると判断しやすいです。それは費用・予算、資金回収期間や転用性、リスクの度合い、収益性、相続税対策、実現性などがあります。例えば30代と60代ではリスクの取り方も違ってきますし、回収期間や転用性、相続税対策の有無などの違いから、土地活用の方法は同じような地域にある土地を所有しても違いが出ます。また投資額を増やしたり、借入するなどして大きくリターンを狙いに行くか、なるべくお金をかけずに収益を出したいのかでも違ってきます。まず活用を検討するならどこまで投資するか上限を決めておくと活用方法も絞りやすいと言えます。

初期投資を抑えたい場合における土地活用法

土地活用を検討するうえで多いのが、できるだけお金をかけずに活用したいという人たちですが、この場合においては建物建築の有無がポイントになってきます。投資額における建物の費用の比重は大きいからです。そこで建物が入らない土地活用方法として、定期借地、駐車場経営、ソーラー経営、トランクルーム経営などが挙げられます。定期借地は、所有地を運営業者に10~30年程度の長期貸し出しで地代収入を得るやり方です。駐車場経営には月極とコインパーキングの2種類がありますが、地域によっては収益性が向かないケースもありますので注意です。ソーラーパネルを設置し太陽の光を電力に変換し、売電するのがソーラー経営です。安定した利回りが見込める分、設置規模によって投資額に幅が出ますので注意です。土地にコンテナ業者と共同でコンテナを設置し、収納スペースとして貸し出すトランク経営は、需要次第では大きな利回りが期待できますが、コンテナの方によっては投資額に開きが出ますので注意です。いずれにしろ、土地活用をすればどうしてもお金がかかりますので、ニーズと懐事情を考慮して活用したいところです。

当社のアパート経営の最大の特徴にして他社との違いは30年一括借り上げ、空室リスクがないので、安心して投資が可能です。 土地の状況によって、建てるアパートが変化するので掛かる費用も変動する。 当店では、それぞれのお客様に最適な土地活用・資産整理の方法をご提案し、理想的な暮らしを実現するサポートをいたします。 エリアの賃貸相場や競合物件を情報を元に、必要な供給計画を策定している。 土地活用のご相談は【レオパレス21】へどうぞ